院内紹介

CT検査

<TOSHIBA>
マルチスライスCTシステム導入で患者さんの負担を少なく、診断に役立つ情報をより早く検査する事が可能になりました。


胃カメラ

<OLYMPUS>経鼻内視鏡検査・経口内視鏡検査
約5mmの太さの内視鏡を鼻から挿入し検査します。
口から挿入するのに比べて、楽に検査を受けることが出来ます。
胃癌や胃潰瘍の診断に有用です。
稀に鼻腔の変形などにより鼻から行うことが出来ない方には、経口からおこなうことも可能です。


X-P検査

<TOSHIBA>
咳が長引くときの胸部レントゲンや、おなかが痛む時の腹部レントゲン、打撲をした四肢のレントゲンなど、肺や腹部のガスの状況、骨折の有無などを調べるのに役にたちます。


超音波

<TOSHIBA 超音波装置 nemioXG>
腹部・心・甲状腺など病気の検出に有用です。苦痛なく迅速に行うことが出来ます。


超音波骨密度測定装置

<FURUNO>
骨そしょう症などの診断に役に立ちます。


検血

<アークレイマーケティング スポットケム CLSB-1430>
赤血球数・ヘモグロビン値・白血球数やその分類・血小板数など迅速に測定出来ます。貧血や感染症の診断や経過観察に有用です。
10分程度で結果が出るため、異常の発見や治療に役に立ちます。


生化学

<古野電気 CA-180>
肝機能・腎機能・血糖値を測定できます。肝炎・腎不全・糖尿病の診断や経過観察に有用です。


HbA1c

<アークレイマーケティング アダムスA1c HA-8160>
糖尿病の場合上昇します。また、糖尿病の血糖コントロールに欠かせない検査です。


肺機能・呼吸抵抗計

<フクダ産業 マスタースクリーンIOS-J>
肺気腫や喘息の診断に有用です。
普段通りの呼吸を数回繰り返すだけで、閉塞部位や肺の状態など色々な情報が分かります。喘息の治療に有用です。
四国で初めてこの機械を導入しました。


ホルターEKG

<フクダ電子FM-180>
24時間普段通りに生活して、心電図にどのような時異常波形でるのか、またどのくらいの頻度で起きるのかなどを調べることが出来ます。狭心症や不整脈の診断に有用です。コンパクトでつけたままの入浴も可能です。


ページトップへ